製品管理をするにあたり、水分の管理は非常に大事なことと言えるでしょう。

下図を参照してください。

・工場からAという製品を100グラム出荷したとします。
・Aを加工するため、購入した業者が重量を計ると80グラムしかなかった。

繊維の水分計1

これではクレームの対象となってしまいます。
ユーザーは、水を購入するのではなく製品を購入しているのです。
今回は、この様なクレームを避けるため購入いただいた、繊維業界の例を挙げることにします。
これまで現場では、繊維の水分を測定するのに絶乾し時間をかけて測定するのが普通でした。
静電容量測定を用いることにより、リアルタイムに測定が可能になりました。

測定方法は次のようになります。

繊維の水分計2

使用した機器 静電容量計HC-102型

hc102